LSB ロングステイ別府研究会ホームページへ
LSB ロングステイ別府研究会
長期滞在で別府をもっと実感して欲しい。別府での滞在型旅行を研究・実践を行う団体です。
ホームページへ
LSB研究会とは
LSB研究会の生い立ち
プロジェクト
ホリデーハウス
二地域居住研究
お知らせ
議事録など資料ダウンロード
LSB研究会スケジュール
別府お散歩の楽園

トップ  >  LSBブログ

ヘッドライン


二地域居住研究
  最終更新日 Tue, 03 Mar 2009 11:15:54 +0900
要旨 LSB研究会、二地域居住研究班の活動ブログ
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成 CLOG
言語 ja
ブログ閉鎖のお知らせ
公開:
要旨: この度、こちらの二地域居住研究のブログは閉鎖し
LSB研究会のブログは、
「ホリデーハウスプロジェクト」に一本化することになりました。
全ての活動に関するブログは
下記のアドレスのものに移行しています。
「ホリデーハウスプロジェクト」
http://holidayhouse.junglekouen.com/e806305.html
今後とも、LSB研究会一同
国内長期滞在型観光の普及を目指し
一丸となって頑張っていきますので
応援宜しくお願いします!
  もっと...
棚田で草刈り
公開:
要旨: こんにちは!!
11月10日日曜日は棚田で草刈りをしました^ ^朝から空は雨模様でしたが、みんなで協力して頑張りました^_^ 雨の棚田も晴れの日と違う雰囲気で魅力がありました。
内なりの方々もお疲れ様でした!
鍋などの差し入れまでもらってありがとうございました!!^^**
綾でした(^O^)  もっと...
6月19日 APU広報課の安岡さんと勉強会★
公開:
要旨: こんにちはー     
6月19日に、APU広報課の安岡さんにお時間をとっていただき、広報の仕方についてお話を聞きに行ってきました。
安岡さんからは、メディアへの宣伝方法や、ホリデーハウスの宣伝はもっとこうした方が良いよ、というアドバイスをたくさん頂きました。^^ 
 
これがその時の様子です 
今回のアドバイスを参考にして、LSBはどんどんパワーアップしていきたいと思います。
安岡さん、貴重なお時間をとっていただき、ありがとうございました。
今後もLSBをよろしくお願いします。  もっと...
4月9日[勉強会2日目]
公開:
要旨: さあ、勉強会2日目のスタートです!!
今日は昨日より参加メンバーが少なくてちょっと寂しいですね
午前中は昨日同様、新規学生からの観光に関するプレゼン
風景を見たときのそれに対する感じ方は、人それぞれ違う
なぜなら自分が持っているフィルターをと通して人はものを見るため脳が人それぞれ異なった働きをしているから
というかなえちゃんの「観光と風景」に関するプレゼン内容が私の中では一番印象的で面白かったです^^
その後継続学生から、各班の活動紹介をしてもらいました
今回からは班が地域おこし班、マーケティング班とふたつに統合されます
私がはいるであろうマーケティング班に新規学生の皆さんはぜひ入ってくださいねー笑
午後からは「地域おこしとは」「長期滞在とは」という議題でワークショップを行い、二つに関する全員の意見を共有することができました
皆さん二日間お疲れ様でした^^
これから大変なことも楽しいこともあると思ますが、一緒に頑張っていきましょう
千春
  もっと...
4月8日[勉強会1日目]
公開:
要旨: 8日から2日間に渡る勉強会のスタートです^^
継続、新規メンバー初の対面ということで少し緊張
まずは自己紹介ならぬ他己紹介でお互いを少し知ることが出来ました!!
皆さん個性豊かそうでこれから一緒に活動していくのが楽しみです 
他己紹介の後は新規学生からの観光についてのプレゼンです
皆さん一生懸命メモをとりながら聞いていました!!
この勉強を今後のフィールドスタディに役立てて行きたいですね
そして一日目は終了、お疲れ様です
一旦解散後、先生、千明さん、メンバー数人は鴨鍋へ
お値段はお手頃なのにすごーーーく美味しかったみたいです(#^.^#)
うわーーーー
本当に美味しそう
今度はあたしも絶対参加します(-^〇^-)
千春  もっと...
別府テスト調査(^ω^)
公開:
要旨: お久しぶりです、二地域居住班改めリサーチ班の増山知香です
現在のリサーチ班の活動の流れを説明します
目標:全国の長期滞在施設を調査し、ガイド本として出版する
すでに、全国の長期滞在施設は調べ終わりました!
さて、これから実際に全国の施設へ行って現地調査をせねば!
リサーチ班以外のメンバーにも行って調査してもらう予定です!
その為には、分かりやすい「現地調査説明書」が必要(´・ω・)
分かりやすい説明書を作ろう!!
ということで、現在は「調査説明書」を作っています
             (説明書の作り方)
説明書を作るために、別府を「調査地域」と仮定して調査を行っています
別府北浜・別府駅前・鉄輪の3箇所を対象に、
すでに3つの施設を長期滞在施設と仮定した調査を行いました!
調査では、
施設の詳しい情報
施設の周辺にある観光地
生活に必要な施設(病院・スーパー等)
などを重点的に調査します
                 これから
今まで行った調査をもとに、説明書を完成させます!
近いうちに、完成報告ができると思います
今回は久しぶりだったので、活動説明になってしまいましたが…
次は、調査で得た別府の情報などを報告したいと思います
私事ですが…
最近別府湾サービスエリアが物凄い進化を遂げましたよね(゜ω゜)!!!
私もようやく行ってきましたが、本当にお洒落で素敵に変身してました
私はコロッケが大好きなので、コロッケを食べましたが…
ウマー(゜д゜旨)でした
別府湾サービスエリアに行けば、APUにも楽々アクセスできます。
皆さん、サービスエリアに立ち寄った際には、
是非APUにも足を伸ばしてみてください  もっと...
リサーチ班です
公開:
要旨: はじめましてこの秋からLSBの活動に参加させていただくことになった梶原美夏です
内成には3回作業にいったのですが、とてもホッッっとできる場所です。
学校の課題やテストやサークルやその他もろもろの事情で疲れているときや落ち込んでいるときに内成の自然にかこまれて深呼吸すると、
「明日もがんばろー」
と、元気をもらえます
さてさて、今日はリサーチ班(元二地域居住班)の初MTGでした。まだまだリサーチ班のことも長期滞在のことをよく知らない新メンバーの私と朝緒っちのために、ちあきさんがゆっくり丁寧に教えてくださいました
「1か月別府でなにができるかな〜」
「温泉!!」 「地獄めぐり!!」 「山歩き!!」 「ちょっと遠出して湯布院!!」
などなど、わきあいあいとした雰囲気でした。
来週の日曜日までに、おのおのが
「1か月プラン@別府」
を考えてくることになりました。
お客様が長期滞在の場合にどういうところに住みたいか、なにがあってほしいのか、を考えていくために、これからたくさん勉強していこうと考えております。
そしてもっともっと別府を探索するぞ
ということで、これからよろしくお願いします
明日からもみなさんがHAPPYな生活をおくれますように
リサーチ班 梶原美夏
  もっと...
長崎フィールドスタディ(´∀`)
公開:
要旨: 皆さん、こんにちわ
ブログ初登場☆二地域班の増山知香です(´∀`)←地域おこし班でもあります
6月5・6日に、調査研究として長崎に行ってきました
今回は、その報告をしようと思います(´∀`*)
…━☆+∵+☆+∵+☆━……━☆+∵+☆+∵+☆━……━☆+∵+☆+∵+☆━…
その前に、二地域班【二地域居住班】が今まで行ってきた取り組みを軽く説明いたします。
去年から今年の春にかけて、我々は各都道府県に長期滞在施設の有無に関するアンケート調査を依頼し、
現在は集まった資料をいくつかの評価項目を設けて、細かく調査を重ねています。
(二地域居住や活動については、過去のブログに詳しく記載されているので参考にしてください。)
…━☆+∵+☆+∵+☆━……━☆+∵+☆+∵+☆━……━☆+∵+☆+∵+☆━…
と、このような涙ぐましい努力の末に見つけたのが今回の施設です。
しっ・・・新築か(゚Д゚)しかも畑付きかっ・・・(゚Д゚)
驚きと感動を隠しきれず、大はしゃぎしたメンバーの話は後ほどJ( 'ー`)し
今回の施設は、長崎は伊王島にある「交流滞在型宿泊施設」です
利用料は利用者全員分(大人5名まで)で1泊5000円です。
本来、この施設は「長崎県外在住者で、長崎市への定住に関心のある方」の為の施設ですが、
今回は二地域居住の調査ということで、貸して頂くことが出来ました。
(い、いくら海が綺麗だからって、遊び目的で借りれるもんじゃないんだからねっ!!)
この施設を利用する際に窓口となりアドバイザーとなって下さったのが、
「長崎市地域復興課」の徳満さんです。
今回の調査1日目、車で長崎に着くとすぐに市役所に向かい、
徳光さんから長崎の長期滞在・定住事情について詳しくお話を伺いました。
お話してくださった事を全て書きたいですが、長くなるのでそれはまた別の機会にお話します・・・
とにかくお話を聞いている間、熱心な市と県の取り組みに関心しっぱなしでした。
とても貴重な時間でした。徳光さん、本当にありがとうございました!
その後、私達は船に乗って伊王島の施設へ向かいました。
今回、私達は隣接する2つの施設を借りました。(先ほどのオレンジの建物と↑の茶色の建物)
この施設の隣には、既にすくすくと育った野菜たちのいる畑があります。
この野菜たちは、宿泊者が自由に採って食べることが出来ます(゚∀゚)
内成で大人気という、平成生まれのアイドル☆瑛一くんも嬉しそうで何よりですね
夕飯は、伊王島行政センターの方が連れて行ってくださった商店で買出しをし、
アイドルの刈った野菜たちで味噌鍋をしました。(センターの方々、商店の方そして純子ママに感謝です。)
伊王島では、この施設の調査および施設の近辺(というか島全体)を
「観光者」「長期滞在者」という2つの視点から調査しました。
伊王島は、1日あれば1周できる離島なのですが…海がとっても綺麗でした(ノ´∀`)ノ.+.゜*。.+
色の統一された建物、綺麗な教会、素敵なスマイルでお出迎えしてくれたコアラ
メンバーからも「移住したい」との声が上がる程、とても素敵な島でした。
私達を迎え、お話を聞かせて下さった方々に感謝です。
2日目、私達は伊王島を後にし、「長崎さるく」の調査に出かけました
はじめに、長崎市役所 さるく観光課の方にさるくについてお話を伺いました。
詳しい資料と、現場の状況を知っておられる方の話で、とても良い話を聞くことが出来ました。
エコツー班の方々には、特に勉強になったのではないでしょうか(´∀`)?
本当にありがとうございました!
その後、遊さるく・通さるくの2チームに分かれてさるくを体験しました。
ボランティアのガイドさんです(´∀`)詳しく説明を加えてくださる、熱心な方でした。
今回のコースは、「重文縁起よか界隈〜延命寺から崇福寺へ〜」というものでした
このように各班、さるくを体験しながら用意したチェックシートに書き込みを行いました。
他にも沢山のコースがあり、季節限定のさるく等もあります(´∀`)皆さんも、長崎に行った際は是非!
さるくが終わると、1泊2日の調査研究は終わりです。車で別府へと帰りました
今回は調査研究ということで、ゆっくり観光とはいかなかったものの、とても充実した2日間でした。
この調査で学んだ事を、今後のホリデーハウスに生かしていこうと思います。
我ながら長い文になりましたが、書ききれない事がまだまだあります!
早く皆さんに調査結果をお伝えしたいです
今週は内成で合宿があり、来週は勉強会、再来週は交流会と…色々と多忙ですが頑張ります(`・ω・´)
これからも宜しくお願い致します(´∀`)
私事ですが(お気づきの方もいらっしゃるでしょうが)、「」この絵文字がとても気に入りました!
またブログに登場させて頂こうと思います。では皆さん風邪には気をつけてください←風邪ひいた  もっと...
二地域〜中部、東海地方の現状〜
公開:
要旨: こんばんは〜〜
本来ならば、1月25日にブログを載せる予定になってたんですけど、ブログの更新ができずに申し訳ありません
ということで、今日、二地域居住「中部、東海地方の現状」について述べたいと思います!!!
私は、静岡県、新潟県、石川県などを含めた29の地方自体に長期滞在型宿泊施設があるかというアンケートを行いました。
そのうち、アンケートの結果を頂いたのは、12の地方自治体です!!
12軒の地方自治体の中で、短期滞在型の施設がある自治体もあるようですが、
長期滞在型宿泊施設を所有している団体は、4軒でした。。。。つまり、私が調べた地方では、全体の約1割程度の団体が施設を所有していることになりました。
全体の約1割ということは少ないといっていいかもしれないですね。。。
そのうち、1軒を例にとると、石川県珠洲市には、「ちょい住み物件」というのがあり、一日でも一週間でも基本的に、一ヶ月20,000円でバス、トイレ、風呂、冷蔵庫、洗濯機がついてるそうです。長期滞在型施設としてはナカナカ良い物件だと思いますね〜〜
地方公共団体ではなく、民間やNPO法人といった団体が長期滞在型施設を所有している地域も少しありましたーー
特に、長野県では、民間団体の中で不動産業者とコラボレーションをして長期滞在施設を提供しているところがあり、なかなか新鮮だと思ったよーー
ちなみに、宿泊提供施設は7軒でうち、一番安いのが一ヶ月65000円〜という物件でした。
ん〜なかなかな値段な気がするなあ。。。。
(参考:「信州発・国内長期滞在型旅行提案サイト 長期滞在.com :http://www.choukitaizai.com/shinsyu/index.htm)
中部地方の現在の状況として、地方公共団体に長期滞在型施設が少ないというのが実態なようです
                                                         二地域居住
                                                         千明でした  
  もっと...
北陸エリア 二地域居住調査報告
公開:
要旨: 全国的に寒さが厳しい今日この頃のようですが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか
今日は1日中、雨で残念なお天気でした
別府からこんばんは
本日は北陸地区のアンケート報告です
富山県と福井県に調査の依頼をしましたところ、
長期滞在施設が富山県に3ヶ所、
福井県に1ヶ所、
あるとの報告をいただきました。
ひとつずつ詳しく見ていきたいと思います
まずは富山県です。
「移住交流促進事業滞在施設」として、射水市内に3ヶ所あり、それぞれ木造2階建ての古民家を使用しているとのことです。
1日あたり1泊1人1000円、1ヶ月以内の滞在で、市外の方が射水市での生活を体験するための施設として利用されています。
平均滞在日数は2,4泊、利用者の多くが60歳以上(6割)、関東から(4割)です。
ホームページ、都会の市内関係団体へのアプローチ、都会での観光物産展、またマスコミへのPRなどさかんに活動をされているようで、
利用者の7割がテレビや口コミにより知ったとのことです。
利用の目的は移住交流の候補地としてが5割弱、観光としてが4割です。
利用者の目的もそれぞれであり、移住のためと観光が半々であるという結果でした。
次に福井県です。
こちらは若狭町にある施設で、名称「田舎暮らしの家」です。
将来的移住者の確保のため昨年の4月にオープンしたばかりで、
延べ30名の利用者があり、今現在のところ週末を利用したお試し滞在のみで、長期滞在者はいないとのことです。
料金は1日あたり2500円、1週間14000円、1ヶ月51000円です。
”地域住民と触れ合うこと”が利用制限となってなっています。
多くの利用者が50代の夫婦で、平均滞在日が3日以上、1週間未満、
滞在の目的が農作業となっています。
この2つを比べてみても、利用者の滞在目的が違うことがわかり、比較すると興味深かったです。
以上、北陸地区の報告でした。
まだまだアンケート報告日本全国制覇続きます
どうぞよろしくお願いします
本日カガヤでした
  もっと...
(C)ロングステイ別府研究会 畠田研究室 大分県別府市十文字原1−1立命館アジア太平洋大学