LSB ロングステイ別府研究会ホームページへ
LSB ロングステイ別府研究会
長期滞在で別府をもっと実感して欲しい。別府での滞在型旅行を研究・実践を行う団体です。
ホームページへ
LSB研究会とは
LSB研究会の生い立ち
プロジェクト
ホリデーハウス
二地域居住研究
お知らせ
議事録など資料ダウンロード
LSB研究会スケジュール
別府お散歩の楽園

トップ  >  プロジェクト  >  ホリデーハウス

ホリデーハウスプロジェクト

都会から長期滞在観光客を呼び寄せるために、農家の空き家を貸別荘に再生するプロジェクトです。長年のLSB研究から、安価で質の高い長期滞在宿泊施設が日本にないことが、国内ロングステイがなかなか普及しない原因の一つだということが分かってきました。

ならば、自分達の手で理想の長期滞在宿泊施設を造ろうと、2007年度からの新しい試みとして別府市内成に立ち上げたのがこの「ホリデーハウスプロジェクト」です。

ホリデーハウスとは、ヨーロッパでよく見られる比較的安価で長期にわたり滞在することができる宿泊施設です。郊外の緑の多い地域に点在し日本でいうところの貸別荘にあたります。
ヨーロッパのバケーション文化を背景に発展してきたと考えられ、頻繁に活用される観光施設でもあります。またホリデーハウスには家具や備品が備えられているため、滞在者は“鞄一つ”で滞在することができる点が魅力です。オランダのホリデーハウスの例をご覧下さい。
事例: http://cija.blog84.fc2.com/blog-entry-249.html

LSB研究会もこのような宿泊施設をイメージし、利用料月3万円〜5万円の可能性を追求しています。また都会の人が憧れる日本の原風景にもこだわり、日本でも五指にはいる素晴らしい棚田に囲まれ、温泉もあり、別府の中心地区にも比較的近い別府市内成をモデル事業の拠点として選びました。

村おこしの核にするというのがこの構想のもう一つの狙いです。ゆくゆくはホリデーハウスを地域の人に運営をしてもらおうと、学生と地域の手作りコラボをめざしています。このために現在、三つの班が活動をしています。

現場班:
レイアウトやインテリアなど古民家のコンセプト作り、現場の作業計画や工程管理、資材調達、現場に学生を送り出す交通手段の確保など古民家再生作業に関わること一切を担当しています。

勉強会班:
地域の人にホリデーハウスの狙いをよく理解してもらい、ゆくゆくは地域で運営もやれるように地域の人のための勉強会の企画・運営を担当しています。

収益班:
月3万円〜5万円の利用料で採算が取れる仕組み(事業モデル)の研究を担当しています。

別府市内成地区の改装中の農家
別府市内成地区は全国棚田百選にも選ばれた、美しい農村文化の残る地区。

今回のプロジェクトの再生ターゲットの空き家。
学生も近所の方々に教わりながらの作業
学生も近所の方々に教わりながら、協働で作業をすすめています。

ホリデーハウスプロジェクト最新情報

ホリデーハウスプロジェクトブログから最新の情報をお届けします。

(C)ロングステイ別府研究会 畠田研究室 大分県別府市十文字原1−1立命館アジア太平洋大学